ワイヤロープ式防護柵用支柱カバー

HOME > 製品一覧 > 視線誘導標・距離標・その他標識 > ワイヤロープ式防護柵用支柱カバー

ワイヤロープ式防護柵用支柱カバー
ヴィカバー(Vicover)

実用新案登録
第3223786号

sichucover_4.png


『ワイヤロープ式防護柵用支柱カバー』
とは、
 「ワイヤロープ式防護柵」(道路の中央部分設置されるラバーポールのひとつ)を目立たせ、ドライバーからの視認性を向上させることで、防護柵(中間支柱)と車の接触事故を防止し道路の安全性を向上させる、色つきの支柱カバーです。
メッキ色の支柱に後付けでき、ワイヤロープ式防護柵の視認性を高めるとともに、車両衝突時におけるワイヤロープの衝撃緩和機能を損ねません。また、軽量で耐久性・耐候性に優れる材質を使用しているので、設置作業も在庫保管も簡易にできます。



特長

特長1

蛍光系のオレンジとグリーンの二色展開

①視認性、安全性の向上

蛍光塗装により、薄暮時や夜間でもドライバーからわかりやすく注意喚起が期待できるため、接触事故の防止につながります。




特長2

1枚250gと軽量な、塩化ビニールを採用

①簡易保管

重ねて保管できるため在庫に場所を取りません。

②長持ち

高い屈曲性を持ち、耐久性・耐候性に優れます。

③二次災害の最小化

金属製でないため、接触車両の損傷やドライバーへの被害を最小限に抑えられます。


shichucover_2.png
 

特長

ワイヤロープ用切り欠き部のある一対構造

①ワイヤロープによる衝撃緩和性を維持

車両衝突時に全数のワイヤロープで衝突荷重を受け止められるように、支柱転倒時にワイヤの下げ込み防止として設けられたステレンスストラップに干渉しないため、ワイヤロープによる衝撃緩和性を維持できます。

②簡単施工による作業者の安全確保

半円形状の2枚の本体を、両面テープと結束バンドで取り付ける簡単施工により、危険が伴う高速道路上の施工も短時間で終了できます。


本ページに関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

営業戦略部 03-3357-2442



glasgrid_thumbnail.png
ヴィカバーのカタログダウンロードは

こちらからお願いいたします。

実績写真



東日本高速道路株式会社 秋田自動車道 東日本高速道路株式会社 秋田自動車道
東日本高速道路株式会社 青森自動車道 国土交通省北海道開発局 深川留萌自動車道



本ページに関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

営業戦略部 03-3357-2442






本製品のリリース記事はこちらよりご覧いただけます。

ワイヤロープ式防護柵用 安全対策製品

併用することで更に安全性を高めます!

サンプル

ゴム製視線誘導標
KD-100

ワイヤロープ式の防護柵に取り付けられるゴム製の視線誘導標(デリネータ)です。ワイヤロープ式防護柵に車両が衝突しても、デリネータが飛散しない設計で、二次被害を軽減できます。

KDL-140,KDL-40

ゴム製視線誘導標
KDL-140/KDL-40

ゴム製の視線誘導標(デリネータ)のソーラー自発光タイプです。



サンプル

ヴィカバー(Vicover)
    支柱用カバー

ワイヤロープ式防護柵を目立たせ、ドライバーからの視認性を向上させることで、防護柵(中間支柱)と車の接触事故を防止し道路の安全性を向上させる、色つきの支柱カバーです。

KDL-140,KDL-40

スマートシャインシート(Smart Shine Sheet)
ワイヤロープ部用反射シート

ワイヤロープ式防護柵の高い安全性を保持したまま、ワイヤロープ部を可視化させ、運転者へ道路の線形を誘導することで、事故発生の危険性を低減するものです。

お問い合わせ

CONTACT

Copyright 2017 ARC NOHARA.CO.LTD All Rights Reserved.