ワイヤロープ式防護柵用支柱側面反射材 サイドウィング

HOME > 製品一覧 > 視線誘導標・距離標・その他標識 > ワイヤロープ式防護柵用支柱側面反射材 サイドウィング
ワイヤロープ式防護柵用サイドウィング支柱側面反射材「サイドウィング」
支柱側面反射材-設置イメージ
設置イメージ

ワイヤロープ式防護柵用支柱側面反射材「サイドウィング」とは

高規格幹線道路の暫定二車線区間などに設置される「ワイヤロープ式防護柵」の支柱側面に設置する反射材です。
広角プリズム型反射シートを貼りつけた本体を張り出して設置することで、視認性向上、支柱と車両の接触事故を防ぎます。
※ワイヤロープ式防護柵の支柱(φ89.1)専用設計です。
 
 
国土交通省
第6回 高速道路の正面衝突事故防止対策に関する技術検討委員会
<資料3> ワイヤロープ設置個所の交通状況について(土工部・中小橋のモニタリング評価)
において、視認性向上施策の有効性が認められています。


特長

特長1

超高輝度反射

①広角プリズム型反射シートを使用
超高輝度反射により、支柱に対するドライバーの認識を高めます。反射シート面を支柱中心より手前に出すことで、より広い50㎜巾の反射を実現しました。
広角プリズム型反射シート(蛍光イエローグリーン)は、再帰性反射性能が高く夜間や薄暮時、霧や雨といった荒天時などでも、視認性、誘目性を高めます。広角性にも優れているため、曲線部の場合でも反射光を確認することができます。

蛍光広角プリズム型反射


②より目立つ構造
支柱から張り出して設置するため、右カーブ、左カーブどちらにおいても有効です。
また、高い位置に設置するため、積雪地での使用も考慮した設計です。






特長2

二次被害を防ぐEPDMゴム製

本体は耐候性に優れたエチレン・プロピレンゴム(EPDM)製で、万が一の車両接触時に、車両への損傷を最小限に抑えます。この素材は、全国で実績のあるワイヤロープ式防護柵用ゴム製視線誘導標KD-100でも使用しています。




side-wing-night-gray.jpg
























柔軟性
 

特長

ワイヤロープ式防護柵の機能を阻害しない構造

支柱のステンレスストラップや間隔材に干渉せず、ワイヤロープ式防護柵の衝撃吸収機能をを阻害しません。









特長

簡単施工

片側200gと軽量で、強力両面テープと結束バンドによるスピード施工。



ステンレスストラップ

両面テープ

施工手順

■必要工具:脱脂材、ウエス、薬品用手袋、ペン、厚紙など水平がとれるもの、メジャー、プラスチックハンマー、ニッパー
サイドウィング-施工手順

図面PDF/CAD



カタログ

サイドウィング-カタログ   ◁ クリックでPDFが開きます



本ページに関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

03-3357-2442

 
本製品のリリース記事はこちらよりご覧いただけます。

ワイヤロープ式防護柵用 安全対策製品

併用することで更に安全性を高めます!

KD-100

ゴム製視線誘導標
KD-100

ワイヤロープ式の防護柵に取り付けられるゴム製の視線誘導標(デリネータ)です。ワイヤロープ式防護柵に車両が衝突しても、デリネータが飛散しない設計で、二次被害を軽減できます。

KDL-140,KDL-40

ゴム製視線誘導標
KDL-140/KDL-40

ゴム製の視線誘導標(デリネータ)のソーラー自発光タイプです。



Vicover

ヴィカバー(Vicover)
    支柱用カバー

ワイヤロープ式防護柵を目立たせ、ドライバーからの視認性を向上させることで、防護柵(中間支柱)と車の接触事故を防止し道路の安全性を向上させる、色つきの支柱カバーです。

SmartShineSheet

スマートシャインシート(Smart Shine Sheet)
ワイヤロープ部用反射シート

ワイヤロープ式防護柵の高い安全性を保持したまま、ワイヤロープ部を可視化させ、運転者へ道路の線形を誘導することで、事故発生の危険性を低減するものです。

お問い合わせ

CONTACT