ワイヤロープ式防護柵用ゴム製視線誘導標

HOME > 製品一覧 > 視線誘導標・距離標・その他標識 > ワイヤロープ式防護柵用ゴム製視線誘導標

概要

ワイヤロープ式防護柵は、車両衝突時に支柱だけが倒れ、ワイヤロープは高さを保持し、そのたわみで車両を元の車線に戻す仕組みです。
支柱上端に取り付ける視線誘導標は、支柱と分離することになりますが、車両衝突時に飛散しないこと、たとえ飛散しても、当事者や第三者に被害を及ぼすことがないことが求められます。
ワイヤロープ式防護柵に車両が衝突しても、二次被害を軽減する弾性視線誘導標を開発しました。

反射タイプ【KD-100】、自発光タイプ(同時点滅式)【KDL-140】、自発光タイプ(単独点滅式)【KDL-40】をご紹介します。

KDL-140、KDL-40

特長

特長1

上部ワイヤロープから分離しにくい構造

下部に2つの貫通孔を設け、ワイヤロープ最上段に耐候性結束バンド2本で確実にとめるため、飛散を防止します。

特長2

耐候性に優れたエチレン・プロピレンゴム(EPDM)

軽量、かつ、弾性に富む合成ゴム製なので、飛散した場合でも二次被害を軽減します。
支柱上部が変形した場合でも、柔軟に追随し、耐熱、耐寒に優れた材質で耐老化性、耐オゾン性、電気的性質に優れています。

上部ワイヤロープから分離しにくい構造

【KD-100】標準図

標準図


ソーラー式自発光タイプ

特長1

視認性を確保

夜間の視認性に優れています。

特長2

ターンバックル部の目印に

事故復旧時、夜間でも連結部がすぐに分かります。

特長3

防護柵端部の目印に

ドライバーへの注意喚起に適しています。

同時点滅式【KDL-140】



単独点滅式【KDL-40】



施工例



防護柵車両衝突実験

防護柵車両衝突実験におけるゴム製視線誘導標の様子(平成25年9月 苫小牧寒地試験道路)

防護柵車両衝突実験

ゴム製視線誘導標は、結束バンドのおかげで、飛散せず、衝突車両に引きずられながらも最上段ロープに留まることが確認されました。

お問い合わせ

CONTACT

Copyright 2017 ARC NOHARA.CO.LTD All Rights Reserved.