道の駅「ひたちおおた」(茨城県常陸太田市)を拠点とした自動運転サービス実証実験への技術協力について

HOME > 製品一覧 > 注目製品/活動 > 自動運転社会到来における道路の安心安全に関する 技術協力のご紹介 > 道の駅「ひたちおおた」(茨城県常陸太田市)を拠点とした自動運転サービス実証実験への技術協力について

道の駅「ひたちおおた」(茨城県常陸太田市)を拠点とした自動運転サービス実証実験への技術協力


 
事業主体 SIP、NEDO
期間 2019年6月23日(日)~7月21日(日)
実施目的 ・高齢化が進行する中山間地域における人流・物流確保
・自動運転に対応した道路空間のあり方や、路線バスと連携した運行管理・予約システム等の検証
設置製品と役割 路車協調表示装置、仮設信号機、路面表示材、走行路・乗り場案内サイン

路側からの安全補完
路車協調表示装置:安全に自動運転車両が走行するために、一般車両に対し自動運転車両の走行を知らせる。
仮設信号機:自動運転車両に一般車両(手動運転車)の走行を知らせる。

本件に関する記事 https://arc-nohara.co.jp/topicList/2019/06/21/56
関連記事 https://www.mlit.go.jp/common/001293996.pdf(国土交通省 プレスリリース)

お問い合わせ

CONTACT

Copyright 2017 ARC NOHARA.CO.LTD All Rights Reserved.